ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  コンサルティングブログ一覧 > マニアックなオフィスチェアーの豆知識

Consulting Blog コンサルティングブログ コンサルティングブログ

2013.02.20

マニアックなオフィスチェアーの豆知識

コンサルティング [あしからず]

今回は、オフィスチェアーの”座面”についてのご紹介です。
だいぶ…ニッチなお話です。

先日、ある社長様から、
「今のチェアーのクッション性が悪い」というご要望から
オフィスチェアーをご提案する機会がありました。

今まで、深く注目したことがなかったので、
検索してみました…。



・オフィスの座面の材質は、
  ”ウレタン”という素材を使っているらしい。。なるほどなるほど…。

・ウレタンにも、「松・竹・梅」がある。。なるほどなるほど…。

松: モールドポリウレタン
竹: モールドウレタン
梅: ウレタン

??

 何か違うのか??

モールド:  型 という意味。
ポリ  :  高密度という意味。



なるほどなるほど…。
つまり、

松: モールドポリウレタン(≒ ゴムみたく、ぎっしり詰まっている材質)
竹: モールドウレタン   (≒ スポンジみたく、型で成型された材質)
梅: ウレタン        (≒ スポンジの材質)


という事みたいですね、

確かに、オフィスチェアーも高い!!と言われますが、
意外と理由があるみたいです。

什器メーカーのチェアーに関しては、最低限 モールドウレタン仕様が標準!

一方、

コストパフォーマンスが高いオフィスチェアーは、 ウレタン仕様となっている…。

前者のように、
成形されたスポンジは、型崩れしにくく形状記憶された形に戻る耐久性が高く、
ただのスポンジは、年数が経つと、当時のふくよかなクッション性は何処へ……。


「安かろう、悪かろう」という言葉がありますが、
良く考えて今後提案に含めていきたい、 と決意した豆知識です。


※ちなみに…
松:モールドポリウレタン は、 あのカッシーナが業界初の技術で世間に広まったそうな…。
家具メーカー オフィス什器メーカー 高いなりには理由があるようです。


以上!それではまた、、、あしからず。

ページトップへ