ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  Fitブログ一覧 > より身近な働き方改革

Blog Fitブログ Fitブログ

2017.08.09

より身近な働き方改革

Fit [FIT]

働き方改革、業績向上にとってITの活用がカギとなっています。

WEB会議やチャットツール、社内システムのクラウド化やグループウェアの活用など多くの企業が導入を進めている現状ですが、

ここではもう少しハードルを下げて無料ソフトやWEBサービスなどでより身近な働き方改革方法をお伝えします。

 

■パソコンの画面で目が疲れる

デスクワーカーでなくてもパソコンでの業務は日常的に行っていると思います。

例えば1日に5時間パソコンに向かっているとして、1週間で25時間、1ヶ月で100時間、1年で1200時間、10年で12000時間。

定年まで働くとしても40000時間以上画面と向き合う計算に。。。

また、業務外でもスマホやタブレットの画面を見る時間があるはず。

 

液晶画面を長時間見つめ続ける生活は、目に多大な負荷を与え『VDT症候群(テクノストレス眼症)』などとも呼ばれる病気にも発展します。

その原因がブルーライト。

ヒトの目で見ることのできる光の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、目の疲れやストレスの原因になると言われています。

 

■対策方法

今まではブルーライトカットができるフリーソフトを使うことで画面をオレンジ色にして対策することができましたが、

最近ではOS自体にブルーライトカットの機能が備わっています。

 

・Windows

Windows 10ユーザー必見、ナイトモードを有効にする方法

・Mac

Mac で Night Shift を使う方法 – Apple サポート

 

■まとめ

これからも長く付き合うことになるブルーライトなので、早めの対策をおすすめします。

使用上の注意としては、画面全体がオレンジ色になるので、

デザイン系の業務をされている方は色味の確認の際に設定をOFFにする必要があります。

デザイン系以外の業務の方は最初は違和感を覚えると思いますがすぐに慣れると思います。

是非お試しください!!

ページトップへ