オフィスデザインがもたらす数々のプラス効果

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスデザインがもたらす数々のプラス効果

オフィスデザインがもたらす数々のプラス効果

オフィスデザインとは、端的にいえば社員が働きやすい快適なオフィスを設計し、オフィスの内装を作り替えることをいいます。

オフィスの内装を改変するには内装工事のために一定のコストを負担しなければなりませんが、社員が働きやすい環境をつくることで会社の業績アップにつながるようなプラスの効果をもたらしてくれるので、コストを負担しても将来的に考えれば費用対効果が高い投資といえます。



まず、オフィスデザインに力を入れることで得られるプラス効果は、社員のモチベーションアップにつながるということが挙げられます。

社員にとってオフィスは毎日長い時間を過ごす場所なので、無機質な普通のオフィスよりも観葉植物を各所に配置したり、明るい気分になれるようなカラーコーディネートをしてリラックスできる空間づくりをすれば、社員のストレスを軽減し、業務効率をアップさせることも可能です。



たとえば、IT企業などの新たなサービスに関するアイディアを出すことが求められる業種では、社内の様々な部署の社員が気軽に立ち寄れるカフェのような開放的なスペースを設置し、社員同士が気軽にコミュニケーションを取れるような環境づくりをしたという事例があります。

こうしたスペースにはアイディアがなかなか浮かばないときにリラックスできるように観葉植物を配置するなど、社員のストレスを軽減してやる気を引き出し、斬新なアイディアが浮かびやすくする工夫がされています。



一方、オフィスには取引先や顧客など外部からもお客様が訪れるので、毎日多くの来客がある業種の場合には応接スペースのデザインに力を入れることで商談を円滑に進めることにつながります。

また、近年は優秀な学生の確保のためにインターンシップや会社見学会を積極的に行う企業も増えていますが、オフィスの雰囲気は就職先を選ぶ際に大切な要素なので、思わず働きたくなるようなオフィスデザインをして学生たちにアピールすることも有効です。



このように、オフィスデザインに力を入れることで数々のプラス効果が得られますが、コンセプトを明確にしてデザインしないと期待した成果が得られないこともあるので、オフィスのデザインや内装工事に精通し、多くの企業の仕事を手がけてきた実績のあるコンサルティング会社に依頼するのがポイントです。



最近はデザイン・設計から内装工事まで一貫して請け負うコンサルティング会社も増えています。

こうした会社では、どんな雰囲気のオフィスにしたいかなどの要望を各企業の担当者に時間をかけてヒアリングした上で、各企業にとってベストなオフィスデザインを提案しています。

また、内装工事にかかる費用についての相談にも親身に応じており、限られた予算内で費用対効果の高いオフィス環境をつくることが可能なので、迷ったときにはこうした業者に相談してみるのがお勧めです。

次の記事へ