オフィスレイアウトから広がるコミュニケーションの事例

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトから広がるコミュニケーションの事例

オフィスレイアウトから広がるコミュニケーションの事例

オフィスで多く用いられるデザインの机や椅子を並べて島を作る、これは昔から用いられてきたオフィスレイアウトの一例です。この形式がスタンダードになった背景としては、コミュニケーションが取りやすいことが理由として挙げられ、またそれを裏付ける数々の事例も多いため今日でも積極的に採用され続けています。ところが最近では、このようなレイアウト手法から逸脱したオフィスが増えつつあります。



職場環境の中で最も改善が難しいのは個人のミスであり、これをオフィスレイアウトで改善できてしまいます。そもそもミスが発生する原因として多いのが部署内のコミュニケーション不足で、この課題さえクリアできれば現場のエラーを少なくできます。たとえば、従来のような四角型の机ではなく、仲間との距離が近くなる用でデザインのものを取り入れることで些細な連絡や相談がやりやすくなる事例があります。



安定したコミュニケーションの要は、仲間との距離が原因となる圧迫感を感じないことです。距離が近すぎても遠すぎても、理想的な連携を取るための会話をすることはできません。社内メールの発達によってどこにいても連絡が取りやすくはなりましたが、最終的にはフェイス・トゥ・フェイスでのやり取りで多くの物事が決まります。この問題も、工夫が凝らされたオフィスレイアウトを導入することで解決することができた事例が多いです。



組織内で一生懸命仕事に取り組む人材の中には、自身の成長速度などに悩みを抱える者も少なくありません。同僚と比べて劣っている、思い通りの成果物を生み出すことができていないなど実に様々な悩みが存在します。これらを晴らすためには、良き理解者との対話が一番です。さらに、オフィスレイアウトを悩み相談がしやすいように改善することで、活き活きと仕事ができるようになった従業員が増えた事例が増えてきています。



オフィスレイアウトを考える際に、従来のような島型の配置を上手に活用させれば従業員同士の結束が一段と深まります。極限までミスを減らすことができたり、安定したコミュニケーションを実現するなど良い方向への改善事例が多いのは、机などの配置改善が成功に繋がったことの証拠です。どんなに小規模で狭い空間でも、オフィスレイアウト次第で従業員個人の能力や連携を飛躍的に向上させることを狙えます。オフィス環境の改善を成功させたいなら、過去の事例を細かく分析することも大切です。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ