オフィスレイアウトの事例とコミュニケーション効果に期待可能

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトの事例とコミュニケーション効果に期待可能

オフィスレイアウトの事例とコミュニケーション効果に期待可能

オフィスの設計からデザイン設計、オフィス内の内装工事の実施、什器類の手配、新オフィス物件探しのサポートや引越し業務まで、依頼企業にマッチしたトータルソリューションを提供してくれる企業は多数あります。



オフィスデザインはオフィス空間をデザインする事であり、顧客などが訪れた際に顧客に対して自慢が出来るデザイン性を重視した空間づくりを提供します。



オフィス移転は、現在のオフィスから新オフィスへの引越しをして新オフィスでの事業を成功させると言う役割があります。

また、オフィス移転を行う事で社内のコミュニケーションを活性化させる役割も持ちます。



会社により、オフィスが分散されているケースも有り、そういったケースでは、コミュニケーションが円滑に行われないというデメリットが発生します。

一つのオフィスに集約する事で、そこでコミュニケーションを円滑に行えると言ったメリットが出て来ます。



都内などに在るオフィスなどでは、小さなオフィスを幾つか借りて業務を行う会社も有りますが、複数のオフィスに分割されることで作業性も悪くなりますし、社員同士のコミュニケーションがうまくいかず、業務に支障をきたしてしまうケースもあります。



こういったケースでは、1つのオフィスを借りる事で、分散されている事で生じる煩わしさを全て解決する事が出来ます。こういった例からオフィス移転を行えば、業務改善にも繋がると言う事になります。



尚、新しいオフィスに移転する時に必ず行う事はオフィスレイアウトです。



オフィスレイアウトに付いても事業の一つとして可能にしているのが特徴で、企業のニーズに合うオフィスレイアウト設計を手掛けてくれます。

オフィスレイアウトを行う時には、現在のオフィスで利用しているオフィス家具の内、新オフィスに持って行く物と廃却する物をきちんと分けて整理をしておく必要が有ります。



また、オフィス家具にはレイアウト図に記載された照合番号と同じ番号を付けておくことで、引越し業者の人にレイアウト図を渡しておくことで所定の位置に机や棚などを配置して行ってくれます。



尚、このようなノウハウについても伝授してくれるため、引越しなどのサポートの全面的な協力を行って貰えますし、ホームページ上にはオフィスレイアウト事例なども数多く掲載されており、事例を見る事で自社のオフィス内のレイアウトを作り出す際の参考にもなります。

また、事例は業種毎に整理されており、自社の業種と類似している事例を参考にすることで業務効率を高められるオフィス内のレイアウトを考案数する事も可能にします。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ