オフィス移転にかかるコストの問題

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転にかかるコストの問題

オフィス移転にかかるコストの問題

その会社の規模の大小や、全社的な移転であるのか部分的な移転であるのかといった、移転の程度にもよるわけなのですが、そのいずれの場合であるにせよ、オフィス移転というものにはかなりのコストがかかるものです。



このために、オフィス移転がなされる時というのは、その会社の業績が向上していて資金的にも余裕があるので、そのコスト負担にも耐えられるということで、事業を拡大するための一環として、よりビジネス上で利点になるような場所にオフィスを移転する、といった場合であるのが普通です。



もっとも、オフィスの立地場所の良し悪しというものも、その業種によっても相当に違ってくるものですし、それこそネットビジネスを主力としているような企業である場合には、本社機能以外にはオフィスそのものが不要なので、オフィスの立地という問題そのものが発生しない、というところもあるわけです。



一方、業種によっては、オフィスとは交渉・商談のための場所となっているために、オフィスの立地場所の良し悪しというものが、直接、業績に影響してくるといった企業もあるわけで、こうした業種に属している企業にとっては、オフィスの立地場所という問題が、そのまま会社の業績を左右するものとなる重要なビジネスの基盤を成している、というものになっているのです。



こうした業種の企業にとっては、オフィスの立地場所の選択そのものが重要な事業戦略となってくるために、相当なコストがかかるという場合であっても、より有利な場所へのオフィス移転を図って行く、ということになったりします。



オフィスといえば、何やらもっぱら事務処理をするところ、といったイメージで捉えられがちですが、実は、ひとくちにオフィスといっても、もっぱら経理財務などの事務処理をするところであるのか、それとも取引先との商談や各種の交渉ごとを行う場所であるのか、といった違いがあるわけで、特に取引先との商談や交渉ごとを行う場所としてのオフィスである場合には、その立地場所というものが、非常に重要なポイントになってくるわけなのです。



この場合に、取引先との商談や各種の交渉ごとを行う場所としてのオフィスである場合には、ビジネスの最前線を担っているということで、これをフロントオフィスと呼び、もっぱら経理財務などの事務処理を行う場所としてのオフィスであれば、ビジネスの後方支援的な役割を担っているということで、これをバックオフィスと呼ぶ、というように使い分けられていることもあります。

次の記事へ