オフィス移転を企業としてのターニングポイントに

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転を企業としてのターニングポイントに

オフィス移転を企業としてのターニングポイントに



オフィス移転を考えるということ



会社の規模が大きくなってくると、現状のオフィスでは手狭になってくることがあるでしょう。

最初のうちは、経費を抑えるためにスモールオフィスを考えていても、機能の拡充を考えると手狭で価値の創造ができなくなってくることもあります。人員も増えてくれば、一人当たりのスペースも確保しなければならず、あまりに狭い空間に押し込めればストレスがたまり、業務効率も低下してしまうでしょう。

また、経営上の立地の問題も出てきます。経費を抑えるために使っていたオフィスがビジネス上の立地にデメリットになるのであれば、メリットのある場所へ引っ越すのは当然の処置です。分散してしまったオフィスを統合するというのも、こうした経営上の立地のひとつといっていいはずです。

現在では、セキュリティということもオフィスに重要なポイントとなってきました。オフィスが古く、業務拡張とともにセキュリティに問題が出るようになれば、大きなリスクを抱えることになるでしょう。

そこに保険をかけたり、業務を改善するのであれば、ハードとしてのオフィスを堅牢なものにしたほうが安全かつ低コストになることも珍しくありません。こうした部分はアクセスの利便性にも言えることで、経費を抑えているつもりが拡大させる要因となっていることもあるでのです。

そんな時には、オフィス移転を検討するべきです。費用的にも掛かるように見えますが、経費を節減できたことにより、この費用をあとから回収できることも珍しくありません。人材に与える影響も大きなものとなるため、オフィス移転は大きなポイントになってきます。



イメージ戦略として



オフィス移転を考える上では、いろいろな要因が存在します。現在の賃料ということが、まずは焦点となってきます。オフィスの賃料というものは、さまざまな要素で決定されます。駅からの距離などが要因としてあげられますが、新たに駅ができたりすれば、賃料が上昇して行くこともあるでしょう。交渉しても長期的に変化がないといった場合にも、無駄な経費になってしまっていることがあります。必ず地域相場がありますので、その相場から判断していくことが必要です。

オフィスが企業のイメージを作りだしているということも忘れてはいけません。

ビジネスとして、取引先に与える影響は計り知れないものがあります。これはブランドイメージにもつながる点で、どんなところにあるかという住所という文字列だけでも影響を与えるでしょう。これが、さらにリクルーティングにも影響を与えていきます。企業のイメージに影響を与える以上、リクルーティングの第一印象に変化を与えてしまうでしょう。

第一印象が志望に大きな影響を与える以上、立地条件がマイナスになってしまえば取り返しのつかない事態も引き起こします。交通の便やビルの状況といったことも影響しますし、エントランスがきれいなのかどうかといったことまでイメージにつながってしまうはずです。オフィス移転をするだけで、こうしたイメージを改善することができます。応募件数が増大するといったことも珍しくなく、経営ということに驚くほど大きな変化を与えることになるでしょう。



事業継続計画と社員のモチベーションのために



オフィス移転をする要因として、忘れてはいけないのが地震ということです。

どんないい場所にあったとしても、地震が起きた時に大きな被害を出してしまうリスクが高いのは危険な状態でしょう。

地震によってビルが崩壊してしまえば、社員の安全を確保することができません。

これは、事業継続計画を問われるようになった現在、非常に高いリスクになっているといえます。

ビルの耐久性が最初のポイントになりますが、耐震基準が変化した1981年以前に建てたビルに関しては、かなり劣っている可能性があるでしょう。その後、耐震補強や改修工事をおこなっている場合には別ですが、オフィス移転することによって改善させることが可能となるのです。

実際に見た目だけでわかることではなく、設計という面も含めて検討しなければいけない要因といえます。

そのため、耐震性ということに関しては、専門家の意見や評価も参考にするといいでしょう。



もし、社員の定着率が下がっているという時にも、オフィス移転は有効な手段となる可能性があります。

オフィスの環境を改善させるということは、社員のモチベーションにも変化を与えます。

ビルの共用部分が清潔にしたり、トイレなどの作りを変えたりすることができるようになるため、マイナスポイントの改善が可能です。オフィス移転をすることで、会社が成長しているという実感を与えることもできるでしょう。



オフィス移転には、経費がかかります。

問題は、その費用以上の効果を上げられるかどうかがポイントになるといえるでしょう。

現状維持を続けることが自社の成長を妨げる要因になっていると感じているとき、オフィス移転をすることによって転機にすることができます。

問題点を洗い出し見直すことができるのであれば、積極的に検討するべきといえるはずです。

次の記事へ