事務所引越しをスムーズに行う設計とは

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所引越しをスムーズに行う設計とは

事務所引越しをスムーズに行う設計とは

引越しは、元のいた場所から新しい場所に必要なものを運び移すための作業を言います。

引越しでは、さまざまな家具などを運ぶ必要があり、費用も高額になるため、人生のうちでそう何度も体験するものではありません。

また家庭の引越しであれば、単に荷物を運び込むだけで済むので、それほどスケジュールを気にする必要はありませんが、事務所引越しに関しては、家庭の引越しとことなりしっかりと計画立てて行う必要があります。



事務所の場合には、従業員が働いているオフィス機能を限られた時間内に効率よく新しいオフィスに移すことが求められます。

またオフィスといってもただのスペースに必要なオフィス家具を運び込めば良いというものではなく、事業継続に必要や電話やLANの配線工事、電源工事などがあり、さらに運びこむオフィス家具や破棄するオフィス家具、新規に購入するオフィス家具などの処理作業も行う必要があり、また事業で必要としてきた書類も確実に運ぶ必要があります。

さらに古いオフィスは賃貸で借りていた場合には原状回復工事を行って、オーナーに返却しなければなりません。このように事務所引越しでは、家庭の引越しと異なり、高度な技術と念入りな計画が必要になります。



事務所引越しでは、担当者があらゆる手続きを手配して行うことになりますが、そう頻繁に行うことではないので、ノウハウがないのが実状になります。そのため、近年は事務所引越しを請け負っているところも多くあります。

この業者を利用した場合のメリットは不慣れな担当者だけに任すよりも移転の失敗のリスクが低いという点があげられ、降りかかるリスクを避けて事務所引越しをスムーズに行うことができるという点があげられます。

また事務所移転は、新しいオフィスで事業を再開するため、オフィスの設計も重要になってきます。

もとあったオフィスの設計をそのまま流用するのもひとつの手段ですが、そのまま使えるというケースは稀で、たいていは新規に設計をし直す必要があります。



事務所引越しをサポートしている業者に依頼した場合には、引越しそのものの業者の手配のほか、不要になったオフィス家具の処分や消防書類の作成、またレイアウトの設計や電話回線などの手配代行を行ってくれます。

特に行政官庁に提出すべき書類に関しては担当者だけで行った場合には提出のし忘れのリスクがありますが、業者にサポートしてもらうことで、だし忘れリスクを避けることができます。

次の記事へ