事務所移転の際には不可欠となる情報収集

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所移転の際には不可欠となる情報収集

事務所移転の際には不可欠となる情報収集

その創業以来、ただの一度も事務所移転を行ったことのない会社、というのはむしろ少数派なのではないでしょうか。



そういう会社もなくはないでしょうが、ほとんどの会社はその創業地からの事務所移転というものを、何度か経験していると言えるでしょう。



では何故、この事務所の移転というものが行われるのかといえば、ほとんどの場合、事業の伸展にしたがってその人員が増えて事業規模が拡大したために、今までの事務所では手狭になってしまったので、もっと広いところに移転する必要が生まれた、というようなことでしょう。



また反対に、経済が不況となった場合や、事業に失敗してしまったりして、会社の規模を縮小しなければならなくなってしまい、そのために今までの事務所を維持することができなくなってしまって、やむなく維持コストの安いところに移転する、といった場合もあるわけです。



このように、企業の事務所移転が行われる場合というのは、その事業が成長している場合か、逆に衰退してしまった場合であり、可もなく不可もなくといった場合であれば、何らかの事由で立ち退き請求でも受けた場合でなければ、事務所の移転というものが行われることはないでしょう。



では、会社の成長による移転であれ衰退による移転であれ、別の場所に事務所を移す場合に必要となるものといえば、もちろん、移転のためのコストが必要なのは言うまでもありませんが、それ以上に、どんなところに移転するべきなのか、といった情報収集が不可欠となるわけです。



これが会社の成長による移転である場合には、よりビジネスに有利なところへの移転となるでしょうから、それに相応しいところはどこで、またどんな建物物件がふさわしいのか、といった情報が必要になります。



逆に会社が衰退してしまって、事業を縮小するための移転である場合ならば、事務所の維持コストを削減する必要があるわけですから、それまでの場所よりも事務所コストを安くできる場所と建物物件を見付けなければならないわけなので、この場合も、そのための情報を得ることが必要になるわけです。



このように、会社の成長によるものであれ衰退によるものであれ、事務所移転を行う際には、移転に伴うコスト負担と共に、それにふさわしい移転先を見付けるための情報収集というものが不可欠となるわけで、その情報を元に、移転計画というものを練った上で、実際の移転というものが行われることになるわけです。

次の記事へ