V I E W

High Score,Inc.

ワークプレイス構築

プロジェクトマネジメント / 設計・デザイン / 施工

WORK PLACE

2021.03

221.1㎡ / 66.89坪

空港のように様々な機能の中で人と人がつながり、0から1を生み出すターミナルオフィス

福岡を拠点に、デジタルマーケティング事業や地方スペースを活用したシェアリングエコノミー事業、「地方創生」を軸とした新規事業開発支援を行っているハイスコア様の本社リニューアルを手掛けました。フリーアドレスを導入した機能的なワークスペースを「生産と調整の場」と捉え、新しい時代の働き方を実現しています。

CONCEPT

オフィスの必要性について再考せざるを得なくなったコロナ禍を経て、お客様は今回の移転リニューアルにあたり自社ワークプレイスのあり方を「生産と調整の場」と定義付けられました。そのことを踏まえ、新たなコンセプトとして「ターミナル(Terminal )」を掲げ、様々な機能の中で人と人がコミュニケーションを通し0から1を作り出す空間、新しい挑戦の起点としました。

PLANING

社内全体を、フリーアドレスを導入したひとつの大きな共有フリースペースとした上で、機能面・デザイン面で多様性を持たせた空間となるようワークテーブル、リビング、ラウンジなどを設置。その日の業務の目的、その時々の気分に応じて社内で働くスポットを選択できることが、クリエイティビティの刺激や社員間のコミュニケーション促進につながり、結果的にイノベーションが創出される場にできると考えました。

DESIGN

執務エリアは躯体に対して什器を少し斜めに配置することで直線を長く取り、「ターミナル」を連想させる空港の滑走路のような疾走感を演出。エントランスは七色に光るカラーフィルムや照明を用いたインパクトのあるデザインにすることで、社員の方々の多様な個性、既成概念に捕らわれない発想の自由さ、何色にも染まることなく新たなものを生み出す高いクリエイティビティを象徴する場所としています。

七色に光るガラスの透過度、照明の角度などを実験し、細部までこだわったエントランス。コーポレート・アイデンティティを象徴する場所となっています。

自然豊かな公園を眺望として眺めることができる窓際は、床上げを施した上でブレイクラウンジスペースとしてゾーニング。社員の方々がリフレッシュできる空間としました。

会議室は照明照度をあえて落としたデザインとすることで、日が落ちるにつれて没入感のある雰囲気となるよう演出しています。

LAUNCH

コンセプト決定から最終着地まで加速度的に進んでいった結果から、「ターミナル(Terminal)」というコンセプトがハイスコア様の目指す場所へとつながるものだったと感じています。ハード面では新たな機能を持たせたスポットを社内にいくつもつくることができたため、ワークスペースとしての自由度を高くすることができました。お客様からも、自社ワークプレイスのあり方として定義付けた「生産と調整の場」として、実際その通りに活用できているとのお声をいただいています。

PROJECT FLOW
  • 要件整理

    本プロジェクトに対する想い、今後の事業展開に関してトップインタビュー、自社クリエイターとの打合せを行い、プロジェクトコンセプトを設定。

  • 基本計画

    プロジェクト内容、お客様の特色を踏まえてデザインを設定。 ゾーン事にテーマを決めて色々なデザインを展開した。 エントランスのガラスフィルムをどのように反射させるか検討し照明の角度を何度も調整した。

  • コスト調整

    デザインに係る箇所の仕様は変えずに間仕切り位置の調整などにより設備工事のコスト削減を図った。

  • 環境構築

    レイアウト変更のため、施工中は全面在宅勤務に切り替えて作業を行った。 物がある状態で作業スペースも限られていたが、各社と調整のうえ工期遅れもなく完工を迎えた。

PROJECT DATA

Client: 株式会社ハイスコア
Project: ハイスコア本社
Business: ワークプレイス構築
Role: プロジェクトマネジメント / 設計・デザイン / 施工
Completion Date: 2021.03
Size: 221㎡ / 66坪
Location: 福岡県福岡市
Category: シェアリングエコノミー事業 / デジタルマーケティング支援事業 / 新規事業開発

CREDIT
プロジェクトマネジメント

株式会社フロンティアコンサルティング

設計・デザイン

株式会社フロンティアコンサルティング

施工

株式会社フロンティアコンサルティング

LATEST WORKS