ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL 33.武蔵コーポレーション様

VOL 33.武蔵コーポレーション様

一覧に戻る

VOL 33.武蔵コーポレーション様

配色×質感がもたらすグレード感〜富裕層顧客の「信頼感」を喚起するデザイン〜

これまで本社、支社合わせて3回ほど、当社が改修をお手伝いさせていただいた武蔵コーポレーション様。

事業拡大に伴い、東京本部の移転・改修を決定。富裕層顧客の信頼感を勝ち取る、グレード感のあるオフィスをご提案させていただきました。

ご要望と、その改善案

富裕層顧客の信頼を得られるオフィスを作りたい
ご要望富裕層顧客の信頼を得られるオフィスを作りたい
富裕層中心の顧客に来社していただく営業スタイルなので、
「このオフィスなら信頼できる」と安心していただける上質でグレード感のあるオフィスを作りたい。
改善案素材にもこだわり高級感を演出
前のオフィスも東京駅・丸の内側から歩いてすぐの利便性の高い立地で、モノトーンを基調にしたシックな雰囲気でしたが、築年数が古く居抜き物件だったため、できることに限界がありました。
今回の移転先は、1階に外資系ホテルが入居する、ハイグレードな東京駅・八重洲口前のオフィスビル。このタイミングで一新したロゴブランディングのテイストも反映させながら、高級感のあるビルに見合う空間を一から設計・デザインしていきました。
グレード感を演出するため、配色は落ち着いたモノトーンを選択。
さらに、エントランスの受付カウンターや床材には高級感のある素材を使用。来客エリアの壁には、イタリアンスタッコの特殊塗装で質感を出し、富裕層のお客様の審美眼にかなう上質感を実現しました。
採用応募者にもアピールする空間にしたい
ご要望採用応募者にもアピールする空間にしたい
富裕層顧客に加え、業務拡大中につき新卒・中途採用の応募者の心をつかむ要素も欲しい。
採用応募者が働きやすそうだと感じ、モチベーションが高まる空間を作りたい。
改善案ランチや打ち合わせに使えるお洒落なカフェスペースを設置
基本的には富裕層顧客向けにモノトーンを基調にしていますが、20代〜30代の採用応募者の視点も意識し、黒より白の配分を増加。落ち着いた中にも明るさを感じさせるカラーリングを採用しています。
また、ワークスペースには、オシャレなカフェスペースを設置。
採用応募者に働きやすさをアピールでき、社員の方々のモチベーションアップにも貢献できるスペースを目指し、仕事中にホッとひと息つけるような木の温かみが感じられる空間に仕上げました。
ポップなカラーのチェアに座り仲間とランチを楽しんだり、カジュアルな雰囲気で打ち合わせができたりと、多目的に活用できます。

インタビュー

●今回、4度目のご依頼となりましたが、継続してフロンティアコンサルティングを選んでいただいている理由と、そのメリットを教えてください。 ●移転・改修後、いちばん変わったことは?
Q●今回、4度目のご依頼となりましたが、継続してフロンティアコンサルティングを選んでいただいている理由と、そのメリットを教えてください。
A最初にオフィス改修をお願いしたのは、もう10年近く前になります。そのときは2社でプレゼンを行いました。
当時は、採用応募者は意識せず、富裕層顧客向け限定のオフィスをお願いしたのですが思いきり高級感に振り切った斬新なデザインに惹かれ、お願いすることを決めました。
それから長いお付き合いになりますが、継続的にお願いしているのは、当社の業務内容やオフィス移転・改修の目的を正確に読み取り、具体的なデザインや使い勝手に落とし込むことに長けているからです。
長くお付き合いすることで、前のオフィスの改善点を新オフィスに反映してもらえるのも、大きなメリットの1つです。
たとえば、前のオフィスでは、社員がリラックスできるようにと掘りごたつ式のリフレッシュスペースを設けていました。
ところが、靴を脱ぐのが面倒だったのか、当社の社員はあまり利用しなかったんです。
そこで、今回はビル29階という眺望の良さを生かして、窓辺にファミレスのようなベンチシートを配するプランをご提案いただきました。
スカイツリーやレインボーブリッジを眺めながら打ち合わせや仕事ができるとあって、社員に大人気の場所となっています。
Q●移転・改修後、いちばん変わったことは?
A平成30年度入社予定の内定者は24名となっており、オフィス移転・改修の効果を実感しています。
カフェスペースや窓辺のベンチシートは、ランチや打ち合わせはもちろん、煮詰まったときの気分転換の場所として、社員たちに活用されています。
入居しているビルのグレードが上がり、それに見合う高級感のある来客スペースは、顧客にも好評です。
企業側からすると、オフィス移転・改修は、大きな投資。より多くの契約や採用につながることでバランスしてくるので、そういう意味では効果が現れ始めているといえますね。

オフィスの風景

  • エレベーターホール
    エレベーターホール

    エレベーターの正面に社名を施し、扉が開いた瞬間から訪れた人がおもてなしを感じられる演出に。
    グラフィックをシンプルにすることで、ビルの高級感を活かした上品な印象に仕上げています。

  • エントランス
    エントランス

    白と黒のコントラストがスタイリッシュなエントランス。
    素材にこだわったハイグレードなしつらえによって、武蔵コーポレーション様の新たなブランドイメージを確立する空間としました。

  • 会議室
    会議室

    洗練された中にもあたたかみのあるイメージの会議室。
    モノトーンを基調とすることで、エントランスとの繋がりをもたせつつ、柔らかな素材感で一味違った印象を与えます。

  • 応接室
    応接室

    2面の窓から望む景観を主役にした応接室。
    開放的な雰囲気の中でゆったりとお打合せをして頂けるよう、白一色のニュートラルなデザインといたしました。

  • ミーティングスペース
    ミーティングスペース

    ワークスペースの中で最も眺望が良い窓際には、明るくカジュアルなイメージのミーティングスペースを設けました。
    執務を行うデスクの隣に配置することで、タイムリーに集まることが出来、社員同士の豊かなコミュニケーションを誘発します。

  • カフェスペース
    カフェスペース

    床のレベルを変化させることで空間をゆるやかに仕切り、オープンな印象としたカフェスペース。
    ソファやカフェテーブルなど様々なスタイルの什器を配置し、用途や気分に合わせて過ごし方をカスタマイズすることができます。

クライアント情報

社名 武蔵コーポレーション株式会社   概要 平成17年12月設立。日本にはまだ少ない個人向け資産運用会社。富裕層顧客を対象に資産形成及び資産保全のコンサルティングを行う。
坪数 約260坪   業種 収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理
竣工 2017年3月   URL http://www.musashi-corporation.com/

一覧に戻る

ページトップへ