オフィスレイアウト事例・実績/Results

Results

実績紹介

オフィスデザインホーム >  サービス:オフィス移転 > 実績紹介 > 日本アジアグループ様

日本アジアグループ様

一覧に戻る

  • エントランス

    エントランス

    来客者とのファーストコンタクトを担うエントランス。
    御要望にあった品格や威厳というイメージと合わせて、先進性やクリーンな印象、調和や落ち着きを感じさせる空間としました。

  • 受付カウンター

    受付カウンター

    来客カウンターの背面にはパンチングパネルを採用。会議室のプライバシーを守りつつ、オープンで動きを感じられる空間構築を目指しました。

  • ウェイティング

    ウェイティング

    日本アジアグループ様が推進する「グリーン・コミュニティ」を体現。人と自然が理想的に調和し共生する姿を表しています。

  • ウェイティング

    ウェイティング

    事業と社史を設えたグラフィックは弧をえがき、デジタル地球儀を中心に空間の広がりと、途切れることのない成長を表現しています。

  • 会議室

    会議室

    会議室スペースは木目をベースとした落ち着きのあるデザインで計画。
    エントランスが企業の方向性を空間化したものであるのに対し、会議室は歴史で培った品格や安定感を感じさせます。

  • 会議室

    会議室

    会議室のチェアには、wilkhahn社のINチェアを選択。トリメイション機能がユーザーの身体の動きを制限せず、長時間の会議もサポートします。

  • ワークエリア

    ワークエリア

    主動線として執務スペースを大きく囲うように通路を設けました。回遊性を持たせた空間利用の中で、偶発的な出会いが創出されます。

  • ワークエリア

    ワークエリア

    躯体形状に対して通路を斜めに設けることで、視覚的な広がりを演出。動線と各席との距離感を調整し、話しかけやすさに配慮しました。

  • ワークエリア

    ワークエリア

    外部に開かれた窓面にはリフレッシュできるスペースを計画。簡単な腰掛用のソファベンチもあり、気軽にコミュニケーションをとる事ができます。

  • ワークエリア

    ワークエリア

    主動線上には様々なスタイルのスペースを配置し、業務や打合せの内容に応じて適切な場を選択することができます。

  • カフェテリア

    カフェテリア

    グループ会社をまたいだコミュニケーションが出来る場としてカフェテリアを提案。背の低い家具を中心に選定し、開放感を損なわぬようにしました。

  • カフェテリア

    カフェテリア

    入室しやすく利用頻度が上がるよう、外部との境はガラス壁とし、カフェテリアの様子を伺えるようになっています。
    また気軽な利用ができるよう遊びも取り入れました。

  • カフェテリア

    カフェテリア

    社内イベント利用を加味しプロジェクターを設置。貼る書くが可能なマグペイント(写真左)を施工し、インフォーマルな情報共有も可能にします。

社名 日本アジアグループ株式会社
概要 オフィス移転
グループ会社のオフィス統合とあわせ、グループ間を横断するコミュニケーションツールとしてオフィスを構築。
既存のオフィスイメージから一新し、年齢や社歴関わらず活躍につながる場を提供しています。
坪数 約1200坪   業種 グループ傘下には約80社の連結子会社を保有し、空間情報コンサルティング事業、グリーンプロパティ事業及びグリーンエネルギー事業、ファイナンシャルサービス事業を展開。
竣工 2016年7月   URL http://www.japanasiagroup.jp/

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

ページトップへ